財団について

平成10年度 アイヌ文化奨励賞(団体)  平取アイヌ文化保存会


アイヌの精神文化・物質文化を単なる記録としてではなく、できるだけ生活の中で生きたものとして保存・伝承することを目的に、昭和58年に結成された。以来、地域に根差した、特に児童・生徒に対する伝承を重視し、活発な活動を行ってきている。また、諸外国の先住民族との国際交流にも力を入れ、世界へのアイヌ伝統文化の紹介にも多大な貢献をされている。

結成年月:昭和58年4月
代表者:萱野 茂
所在地:北海道平取町

昭和58年 平取アイヌ文化保存会結成
昭和59年 国の重要無形民族文化財の指定を受ける
平成元年 第1回シシリムカアイヌ文化祭出演(以後第10回の現在に至る)
平成5年 二風谷フォーラム´93出演
平成6年 日高管内社会教育研究会にて社会科の教師を対象に民族舞踊の実技指導実施
平成7年 三原町文化芸能等記念公演出演
平成8年 カナダ文化公演

※その他、多数の公演を実施。