財団について

平成10年度 アイヌ文化賞  上田 とし(86歳)


姉であり、アイヌ文化の伝承者として知られる故木村キミ媼から数多くの口承文芸を受継ぎ、その伝承保存活動に積極的に努められている。多数のアイヌ語会話教本やビデオ製作に協力、出演したほか、アイヌ民族文化祭における「ウエペケレ」口演など、アイヌ語の普及に寄与した功績は多大なものがある。80歳を超えた現在もなお、新たなウエペケレの習得に励まれる姿は、アイヌ文化を伝承する者の範となるものである。

大正元年10月3日生(86歳)
現住所:北海道沙流郡平取町在住

昭和62年 カムイト゜ラノ協会のアイヌ語会話テキスト及びビデオ「アイヌ語会話」の製作に協力、同ビデオに出演
平成4年 片山言語文化研究所のアイヌ語会話テキスト及びビデオ「凍ったミカン」の製作に協力、同ビデオに出演
平成6年 社団法人北海道ウタリ協会のアイヌ語テキスト及びビデオ「アコロ イタク」の製作に協力、同ビデオに出演
平成7年 北海道教育委員会、アイヌ民族博物館等の調査に協力
記録映画「アイヌの四季とくらしシリーズ3 貯える・飲む・食べる」財団法人アイヌ無形文化伝承保存会へ協力
平成8年 北海道文化財保護功労賞受賞
平取町指定無形民族文化財保持者に認定

※その他多数の調査、記録の協力を行う。