財団について

平成11年度 アイヌ文化奨励賞(団体)  白糠アイヌ文化保存会


「重要無形民俗文化財」白糠アイヌ文化保存会


「白糠アイヌ文化の調査研究・保存伝承の振興にあたる」ことを目的に、昭和59年に結成され、以来、古式舞踊を初めとしたアイヌ文化の保存・伝承に努め、毎年アイヌ古式舞踊・儀式など有形・無形民俗文化財伝承普及活動を町内外の各種文化関係行事で発表し続けている。特に、アイヌ古式舞踊については、アイヌ独自の信仰と芸術と生活が密着していた頃の古態を偲ばせるものとして高い評価を受けている。

結成年月:昭和59年4月
代表者:八菅原 象三
所在地:北海道白糠町

平成2~10年 民俗文化祭出演
平成6年 国の「重要無形民俗文化財」指定
世界祝祭博覧会「まつり三重'94」リムセ公演
平成7年 特別展「アイヌ舞踊その心と形」研究公演会公演
「白糠町文化奨励賞」受賞
平成8年 旭川チカップニアイヌ民族文化保存会研修会公演
平成9年 富良野子ども芸術劇場~アイヌ古式舞踊公演
平成10年 郷土芸能フェスティバル公演
白糠町総合文化祭~アイヌ古式舞踊公演
「第14回オッパイ山大祭」公演