財団について

平成11年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  黒川 セツ(73歳)


アイヌの精神文化やアイヌプリ(アイヌの風習)に精通した貴重な存在である。祖父イコアンレキより大きな影響を受け、実生活の中で、様々なアイヌ文化・風習を見ながら育った。アイヌ文化伝承保存会が制作した記録映画に出演し、自らの体験を発表し高い評価を得た。また、アイヌ文化保存会の理事、アイヌ語教室講師、全国各地の文化行事公演等を通してアイヌ民族の無形文化の発展・保存に大きく貢献している。

大正15年1月5日生(73歳)
現住所:北海道沙流郡平取町在住

昭和46年 平取アイヌ文化保存会設立に寄与する。
昭和58年 平取アイヌ無形文化伝承保存会理事
平成5年 平取町二風谷アイヌ語教室子どもの部講師
平成6年 指導した子どもの部が「北海道青少年科学文化振興賞」を受賞
平成7年 指導した子どもの部が「ウイメンズフェローシップ賞」を受賞


数多くの研究者、研究機関の聞き取り調査に協力する。

  • 北海道教育委員会:「アイヌ民俗文化財調査報告書」平成8年~平成10年
  • 小川 正人:「第二次世界大戦期における『戦勝祈願』のカムイノミをめぐって」
  • 貝澤 太一:「沙流川筋中流域における、イナウに使用する樹木に関する報告Ⅰ」
  • 貝澤 太一:「沙流川筋中流域における、イナウに使用する樹木に関する報告Ⅱ」

映像記録資料

  • アイヌ無形文化伝承保存会「アイヌの四季と暮らしシリーズ第3巻」
  • アイヌ無形文化伝承保存会「アイヌの四季と暮らしシリーズ第4巻」