財団について

平成11年度 アイヌ文化賞  日川 キヨ(82歳)


長年にわたり、アイヌの無形文化の伝承・保存に努めており、特に、媼が伝承する歌唱法は、その伝統的な姿を今日に伝えている。また、全道各地で実施されている伝統儀礼に夫、故日川善次郎翁とともに招かれ、作法の教授、歌舞の披露などを通して、文化伝承の指導的役割を担っている。80歳を過ぎてなお、アイヌ文化伝承・保存活動に尽力されており、アイヌ文化の振興に多大な貢献をされている。

大正6年11月5日生(82歳)
現住所:北海道弟子屈町在住

昭和25年 「第1回まりも祭り」参加(以後毎年参加)
昭和49年 「第1回ノッカマップイチャルパ」参加(以後毎年参加)
昭和56年 「第1回アシリチェップノミ」参加(以後ほとんど参加)
昭和58年 「コタンコロカムイ・イオマンテ」参加
平成元年 財団法人アイヌ民族博物館実施「イヨマンテ」参加
平成6年 北海道教育委員会
「アイヌ民俗文化財専門職員等研修会」講師
平成8年 「弟子屈町文化賞」受賞


数多くの研究者・研究機関の聞き取り調査に協力

  • 北海道教育委員会「アイヌ民俗文化財調査報告書5」
  • 北海道教育委員会「アイヌ民俗文化財調査報告書17」
  • 北海道教育委員会「アイヌ民俗文化財調査報告書18」

映像記録資料

  • 「阿寒アイヌ古式舞踊」
  • 「アイヌの生活文化ーフチとエカシを訪ねて4ー織る・奏でる・祈る」
  • 「アイヌの生活文化ー美幌川・アイヌ漁とくらし」等