財団について

平成12年度 アイヌ文化奨励賞(団体)  三石民族文化保存会


「重要無形民俗文化財保護団体」三石民族文化保存会


昭和21年、北海道アイヌ協会三石支部結成当初より、古式舞踊調査・研究を始め、資料などの収集に努め、同61年三石民族文化保存会を結成する。
三石地方に伝承・保存される古式舞踊の積極的な伝承保存活動に努めている。近年、道外での公演依頼も多く、アイヌの伝統文化を広く紹介し、国民のアイヌ文化に対する理解の促進に大きく寄与している。また、舞踊や歌だけでなく、衣装や民具の復元・製作にも積極的に取り組んでいる。

結成年月:昭和61年4月
代表者:村辺 チエ子
所在地:北海道三石郡三石町

昭和37年 NHK札幌放送局による三石地方のアイヌ民族音楽収録参加
平成5年 アイヌ民族文化祭出演
平成6年 国の「重要無形民俗文化財保護団体」に追加される。
平成7年 三石町文化奨励賞受賞
三石地方各地区でアイヌ古式舞踊公演
アイヌ民族文化祭出演
平成8年 国際民俗芸能フェステイバル出演
平成10年 アイヌ民族文化祭出演

※その他、多数の公演を実施