財団について

平成12年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  増野 光教(73歳)


祖母からアイヌ語、ユーカラなどを学び、数多くの儀式に参加し、アイヌ文化の伝承・保存に努める。特に白糠アイヌ語教室では設立当初より講師として中心的な役割を担い、後継者の育成に大きく貢献している。
また、白糠地名研究会理事としてアイヌ語地名の調査研究に尽力し、「白糠のアイヌ語地名」編纂にあたって、氏の果たした功績は極めて大きい。
今なおその調査意欲は衰えず、明治時代のアイヌ民族の戸籍編纂について調査研究中であり、アイヌ文化の振興に大きな役割を果たしている。

大正15年11月1日生(73歳)
北海道白糠郡白糠町在住

昭和54年 白糠地名研究会理事として設立に寄与する。
昭和60年 白糠地名研究会「白糠のアイヌ語地名」編纂に参加
平成7年 白糠アイヌ語教室講師
釧路生活文化伝承保存研究会機関紙「久摺第四集」に執筆
平成11年 白糠小学校にて「アイヌ文化を大切にしよう」というテーマで講演
「アイヌ民族の文化-蝦夷生計図説の一端イナヲの部-」自主制作出版

※その他多数の調査・記録の協力を行う。