財団について

平成12年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  松島 トミ(78歳)


幼少の頃、地域の古老からウエペケレなど貴重な口承文芸を受け継ぎ、アイヌ無形文化伝承者として、長年にわたり伝承・保存に努める。
古式舞踊にも精通しており、門別ウタリ文化保存会設立当初から寄与し、多数の古式舞踊公演に参加するとともに、後継者の育成に積極的に取り組む。
門別地方に伝承される古式舞踊は、氏の指導によるところが大である。高齢となった現在も口承文芸の伝承に心血を注ぎ、アイヌ文化の振興に大きく貢献している。

大正11年2月15日生(78歳)
北海道沙流郡門別町在住

昭和58年 門別ウタリ文化保存会の設立に寄与する。
同保存会設立後、数多くのアイヌ古式舞踊公演に参加
平成2年 門別ウタリ文化保存会顧問
平成3年 シャクシャイン法要祭と芸能交流会出演(以後毎年出演)
平成4年 北海道文化財保護協会「アイヌ古式舞踊調査報告書(・)-様似・門別・千歳-」に協力
アイヌ民族文化祭出演(以後毎年出演)
平成6年 北海道立アイヌ民族文化研究センター研究紀要第1号「松島トミの伝承」に取材協力
平成12年 北海道立アイヌ民族文化研究センター研究紀要第6号「松島トミさんの口承伝承2」に取材協力

※その他多数の調査・記録の協力を行う。