財団について

平成12年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  青木 トキ(85歳)


父母はアイヌ語やアイヌプリ(アイヌの風習)に精通していたが、「日本人に同化するのがアイヌ民族のためになる」との方針のもとに、家庭ではアイヌ語を使ったり聴くことなく育った。
その後、貝澤チエキ氏との交流をとおしてアイヌ語、ウエペケレ、アイヌ古式舞踊等の保存・伝承者となり、アイヌ語教室、アイヌの伝統料理講習会等の講師を務めるかたわら、記録映像に出演するなど、今なお地域指導者として活躍している。全国各地の文化行事公演等を通してアイヌ民族の有形・無形文化の振興に大きく貢献している。

大正4年9月25日生(85歳)
北海道沙流郡平取町在住

昭和9年 ニ-ル・ゴードン・マンロー博士研究所勤務
昭和45年 平取アイヌ文化保存会設立に寄与する。
昭和58年 平取アイヌ文化保存会活動に参加
平成4年 平取町二風谷アイヌ語教室子どもの部講師
平成8年 アイヌ伝統料理講習会講師
北海道開発庁、平取町制作記録映画「ししりむかのほとりで-アイヌ文化伝承の記録」出演

※数多くのアイヌ古式舞踊公演に参加
※その他多数の調査・記録の協力を行う。