財団について

平成13年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  杉村 フサ(72歳)


幼少の頃より母キナラブック氏からアイヌプリ(アイヌの風習)、アイヌ語、歌や踊り、チタラベ(花ゴザ)製作などを習い、アイヌの有形・無形文化を身につけた氏は、旭川地域の数少ない指導者として、旭川アイヌ語教室講師を務めるほか、市内の小、中、高等学校においてアイヌ文化の講師を務めるなど、積極的にアイヌ文化の伝承・保存活動に取り組んでいる。
また、製作したアイヌ民具が、北海道内外の博物館において展示されるなど、その多分野にわたる氏の活躍は、アイヌ文化の振興に大きく貢献している。

昭和4年4月12日生(72歳)
北海道旭川市在住

昭和49年 旭川竜谷高等学校郷土部講師
同郷土部発表「上川アイヌの研究その34-子供の遊び3(平成12年)」が全国高校総合文化祭郷土研究部門で最優秀賞受賞
昭和58年 名寄市北国博物館アイヌ料理教室講師
昭和62年 旭川アイヌ語教室講師
平成6年 旭川市生活館事業アイヌ工芸「チタラベ(花ゴザ)編」講習会講師
平成12年 旭川北光小学校アイヌ民族文化講習講師

※その他多数の講師を務める。
※数多くの研究、調査に協力