財団について

平成14年度 アイヌ文化奨励賞(団体)  札幌アイヌ語教室


言葉は民族の心、アイヌ民族の存在の証となるアイヌ語を自分たちの手に取り戻したいと、昭和54年に支部独自のアイヌ語教室ウエカルパ(ウエカルパアン:みんなが集まる)として発足して以来、アイヌの人たちや多くの市民の参加のもとアイヌ語の学習会を続けてきた。平成2年から、白沢ナベフチを講師に迎え、千歳地方の方言を学び、その録音記録をもとに平成5年から「札幌アイヌ語教室講義録」(その1)(その2)を発刊してきた。現在も、アイヌ語の初級・中級教室で民族の心を受け継ぐ教室が開催され、アイヌ語会話ばかりではなく、野草・薬草などのアイヌ名の研究にも取り組み、アイヌ文化の紹介、伝承・保存に大きく貢献している。

結成:昭和54年10月
代表者:阿部  一司
所在地:北海道札幌市

平成元年 アイヌ民族文化祭にアイヌ語劇で参加(以来4回出演)
平成2年 白沢ナベフチを講師に迎え、アイヌ語教室を進める。
平成3年 アイヌ民族文化祭にアイヌ語劇、アイヌ語弁論で参加

※刊行物『札幌アイヌ語教室講義録』(その1)、(その2)
※その他、数多くの調査報告書、調査・記録に協力