財団について

平成14年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  小石川セツ子(81歳)


永年にわたり鵡川アイヌ文化伝承保存会の会員として、鵡川地方に伝わる歌や踊りなどの伝承者として、全国各地で開催されるアイヌ文化を発表する公演などに、積極的にリーダーとして出演し、古式舞踊の保存、伝承、後継者育成に努め、地域において多くの伝承者が育っている。
また、アイヌ語教室の講師としても活躍し、アイヌ民族文化祭にて「アイヌ語劇」を発表するなど、アイヌ文化の振興に大きく貢献している。

大正10年1月2日生(81歳)
現住所:北海道勇払郡鵡川町

昭和59年 鵡川アイヌ文化伝承保存会の伝承活動を指導する
平成10年 「国際民族芸能フェスティバル(山形市)」出演
平成12年 アイヌ民族文化祭「アイヌ語劇」出演
平成13年 鵡川アイヌ語教室講師

※アイヌの歌と踊りの調査に協力
※その他、数多くのアイヌ古式舞踊公演に参加