財団について

平成15年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  浦川 ツタ(71歳)


氏は、優れた伝承者であった義母、故浦川タレ氏よりアイヌ文化を継承。昭和47年には、姉茶民芸品研究会(浦河ウタリ文化保存会の前身)の活動事業に積極的に参加し、特に、アイヌの伝統的な衣服文化に係る技術の伝承・保存活動に寄与されている。
また、浦河地域における各種普及啓発事業の講師を務める他、自ら浦河地域の伝統衣服の復元に取り組むなど、地域のアイヌ文化の伝承・保存及び普及・啓発に大きく貢献されている。

昭和7年6月9日生(71歳)
現住所:北海道浦河郡浦河町

平成10年 北海道立高等職業訓練校機動訓練織布科講師(平成14年まで)
浦河町立郷土資料館アイヌ文化セミナー講師(平成13年まで)
平成11年 浦河ウタリ文化保存会役員(平成12年まで)
平成12年 浦河アイヌ語教室講師(平成14年まで)
アイヌ生活文化再現マニュアル~縫う(木綿衣)
(財)アイヌ文化振興・研究推進機構 製作協力
平成13年 第35回北海道アイヌ伝統工芸品展にて奨励賞受賞

※その他、多数の研究、調査に協力