財団について

平成16年度 アイヌ文化奨励賞(団体)  旭川チカップニ・アイヌ民族文化保存会


昭和58年に結成された、昭和59年には、伝承・保存するアイヌ古式舞踊が国の重要無形民俗文化財の指定を受ける。
アイヌ古式舞踊の伝承・保存に積極的に活動されるとともに、全国各地で開催される文化祭などで公演し、平成15年には、バルト三国のラトビア共和国で開催 された「バルティカ2003」にて公演し、アイヌ文化を国内はもとより世界に紹介するなど、アイヌ文化の振興・普及に寄与されている。

結成:昭和58年4月
代表者:川村 兼一
所在地:北海道旭川市

昭和59年 伝承・保存するアイヌ古式舞踊が国の重要無形民俗文化財の指定を受ける
平成10年 「旭川市アイヌ文化フェスティバル」開催(以後毎年開催)
平成11年 旭川市教育委員会主催「アイヌ民族楽器演奏会」にて公演(以後毎年公演)
平成15年 「バルティカ2003」にて公演(ラトビア共和国)

※その他、多数の講演、執筆活動を実施