財団について

平成16年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  木村 いと(78歳)


幼くして両親を亡くした氏は、アイヌ文化を伝承してきた祖父母や叔母らと幼少時代を過ごし、生活の中で様々なアイヌ文化や風習を身につける。
現在は、全国各地で行われる行事に積極的参加し、伝承してきたウエペケレ(昔話)やカムイユカラ(神謡)を披露するなど、口承文芸の牽引車として活躍するとともに、二風谷アイヌ語教室の講師を務めるなど、平取アイヌ文化保存会会員として後進の指導に当たっている。
また、長年にわたるアイヌ文化活動により、アイヌ文化伝承の功労者として、平取町教育文化功労賞を受賞するなど、アイヌ文化の振興及び普及・啓発に貢献されている。

大正14年12月18日生(78歳)
現住所:北海道沙流郡平取町

昭和58年 平取アイヌ文化保存会結成時より入会
昭和62年 二風谷アイヌ語教室に参加
平成4年 平取アイヌ語教室講師(現在に至る)
平成6年 北海道大学アイヌ納骨堂イチャルパに参加(以後毎年参加)
平成7年 シシリムカアイヌ文化祭(平取町)にて口演(以後毎年口演)
平成10年 平取アイヌ文化保存会講師(平成10年から現在に至る)
平成13年 「国民文化祭」(群馬県)にてカムイユカラ(神謡)口承文芸口演

※その他、多数の講演、執筆活動を実施