財団について

平成17年度 アイヌ文化奨励賞(団体)  ペウレ・ウタリの会


発足以来、北海道のウタリの青年と和人青年との親睦の集いを活動の中心とし、アイヌ民族の歴史にみる圧制と闘争、偏見と差別を取り除き、日本人として人間として相互理解を図り、傷付け合うことのない社会を目指し活動を行っている。
また、アイヌ文化を学ぶ活動や調査報告、教育研究集会への参加などを通して、アイヌ文化の振興と研究推進に大きく貢献されている。

結成:昭和39年9月
代表者:青木 悦子
所在地:神奈川県川崎市

昭和39年 会報「ペウレ・ウタリ」創刊号発行(以降毎年発行 現在45号)
昭和42年 北海道民間教育研究団体「第7回合同研究集会」(釧路市)で実践報告
平成3年 シンポジウム「アイヌ民族から見た北方領土」主催
平成12年 「アイヌ民族から見た日本の社会」(高知)講演会

※その他、数多くの著作、行事・催事等に参加