財団について

平成17年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  秋邊 美津子(71歳)


氏は、戦後間もない頃から、父母のもとでアイヌの伝統的な歌舞や民族楽器ムックリを学ぶ。
昭和27年からは、故山本多助氏等とともにアイヌ文化紹介の国内公演に参加する。
長年にわたってアイヌ文化伝承活動に携わり、現在の春採アイヌ古式舞踊釧路リムセ保存会の基礎を築き上げるとともに、設立以来の会員として幅広い活動を行っている。
現在、保存会役員として自ら活動するとともに、後進の指導を行うなど、釧路地方におけるアイヌ文化の伝承・保存、普及・啓発に大きく貢献されている。

昭和9年4月24日生(71歳)
現住所:北海道釧路市

昭和42年 春採アイヌ古式舞踊釧路リムセ保存会入会
昭和50年 春採アイヌ古式舞踊釧路リムセ保存会副会長就任
平成7年 春採アイヌ古式舞踊釧路リムセ保存会理事就任
平成11年 春採アイヌ古式舞踊釧路リムセ保存会のウポポ(舞踊)の指導に当る
(現在に至る)

※その他、多数の催事に参加