財団について

平成17年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  澤  スミ子(78歳)


氏は、幼少時に母親から鵡川地方に伝わるアイヌ古式舞踊を継承する。
昭和55年には鵡川アイヌ文化伝承保存会の設立に参画し、設立当初から現在まで保存会の会員として古式舞踊の伝承・保存に尽力されている。特に、鵡川地方 独自の古式舞踊「フッサヘロ」の指導者として、後継者の育成に取り組まれるなど、地域の数少ない伝承者として、文化伝承・保存活動に大きく貢献されている。

大正15年11月25日生(78歳)
現住所:北海道鵡川町

昭和55年 鵡川アイヌ文化伝承保存会に参加
平成7年 第7回アイヌ民族文化祭にて古式舞踊公演(以後、平成12・13・15・16年の同文化祭にて公演)
平成10年 アイヌ民族文化財保存・伝承活動事業で「古式舞踊」の講師を務める
鵡川古式舞踊教室の講師を務める
国際民族芸能フェスティバルにて古式舞踊公演
平成14年 アイヌ民族文化財保存・伝承活動事業で「古式舞踊」の講師を務める
平成16年 アイヌ民族文化財保存・伝承活動事業で「古式舞踊」の講師を務める
平成17年 アイヌ民族文化財保存・伝承活動事業で「古式舞踊」の講師を務める

※その他、多数の研究、調査に協力