財団について

平成19年度 アイヌ文化奨励賞(団体)  阿寒アイヌ工芸協同組合


阿寒に訪れる観光客を主な対象者として、アイヌ古式舞踏公演やムックリ、刺繍、木彫などの「アイヌ文化体験メニュー」を提供し、アイヌ文化の啓発・啓蒙活動に努めるとともに、新たな文化の発信として、道内初のユーカラ劇ロングラン公演を開催し、4年目を迎える。
阿寒アイヌ民族文化保存会、社団法人北海道ウタリ協会阿寒支部とも連携して、アイヌ子弟の育成にも取り組んでる。
また、アイヌ文化を身近に感じられるよう、学校での木彫授業への協力や各公演に地元住民を招待するなど、アイヌ文化の普及啓発に貢献している。

結成:昭和61年9月
代表者:西田 正男
所在地:北海道釧路市阿寒町

昭和61年~ アイヌ古式舞踏を通年にわたり公演
平成9年~ 秋季・冬季集客事業として地元のホテル業者や観光協会と連携し「イオマンテの火のまつり野外公演」開催
平成17年 大阪、広島、沖縄でユーカラ劇地方公演
平成18年 第15回全国ハーブサミット北見大会でユーカラ劇公園


主な映像資料

  • ビデオ「アイヌ民族の男性の踊り(阿寒・釧路)」製作
  • DVD「古式舞踏・イオマンテの火のまつり・アイヌコタンの景観」製作
  • CDR「ユーカラ劇」「アイヌコタン画像」製作