財団について

平成19年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  三上 トシ子(79歳)


氏は昭和55年から現在まで、多年にわたり鵡川アイヌ文化伝承保存会の会員として、むかわ地方に伝わる古式舞踏を継承し、後継者に歌や踊りを指導している。
特に、イオンルイカ(子守歌)は、むかわ独自のものを継承しており、その継承者を育てつつある。
また、「アイヌ民族文化祭」への出演や儀礼の伝承など、幅広い活動でアイヌ文化の振興・普及啓発に貢献している。

昭和3年9月5日生(79歳)
現住所:北海道勇払郡むかわ町

昭和62年

第20回北海道民芸コンクール チカルカルぺ出典 優秀賞受賞

平成2年

第23回北海道民芸コンクール チカルカルぺ出典 奨励賞受賞

平成4年

第25回北海道民芸コンクール コンチ出典 奨励賞受賞

平成6年~
平成11年

アイヌ民族文化財・伝承保存活動事業「古式舞踏」「アイヌ料理」の講師を務める

平成5年~
平成10年

生活館モデル事業(織布科)講師

平成7年

第7回アイヌ民族文化祭に出演
人権啓発フェスティバルで古式舞踏公演

平成8年

第8回アイヌ民族文化祭に出演

平成13年

社団法人北海道ウタリ協会から表彰を受ける