財団について

平成19年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  木村 ヤエ子(84歳)


氏は幼少の頃より日常生活においてアイヌ文化の風習を体験し、様々な折にアイヌ文化伝承活動に積極的に参画したほか、35歳頃からは織物名人と言われる貝澤はぎ氏に師事し、アットウシ織やサラニプ製作の手ほどきも受ける。
以降、その技は至高の域に達し、民芸店で勤務する傍ら物産展などで全国を訪れ、アイヌ文化の啓発活動を積極的に行うとともに、数少ない伝承者の一人として後進の指導にあたるなど、地域のアイヌ文化振興に貢献している。

大正12年3月25日(84歳)
現住所:北海道沙流郡平取町

昭和34年

平取アイヌ文化保存会の前身となる二風谷アイヌ文化保存会に入会

昭和58年

平取アイヌ文化保存会の設立により同会入会

平成元年

第1回シシリムカアイヌ文化祭に古式舞踏で出演
以来、第13回まで出演