財団について

平成21年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  川上 哲(60歳)


北海道旭川市在住
氏は、25歳の時に父親より木彫を習得し、翌年、阿寒湖畔に移り修業を始める。
以降、アイヌ伝統の木彫や民具の伝承・保存活動に努めるともに、長年にわたり講習会等で講師として後進の指導育成に尽力し、アイヌ木工芸の授産奨励に大きな成果を収めた。
また、伝統儀式や祭礼の伝承活動をはじめ、笹葺きチセ、イタオマチプの製作・技術指導を行うなど、アイヌ文化の振興と伝承・保存に寄与した功績は大きい。

略歴

昭和50年

25歳で父親より木彫を習得

昭和51年

阿寒湖畔に移り藤戸竹喜氏の下で修行

昭和54年

第18回旭川木彫技能競技会 競技部門レリーフの部 優秀賞受賞

昭和56年

第20回旭川木彫技能競技会 競技部門人形の部 最優秀賞受賞

平成2年

第23回北海道アイヌ民芸品コンクール 北海道議会議長賞受賞

平成5年

第26回北海道アイヌ民芸品コンクール 一般民芸品部門 特別賞受賞

平成6年

第27回北海道アイヌ民芸品コンクール 北海道議会議長賞受賞
第12回アイヌ文化伝承と工芸展 工芸部門 旭川市長賞受賞

平成7年

旭川市から旭川市中堅優秀技能者として表彰

平成10年

第14回アイヌ文化伝承と工芸展 工芸部門 旭川市長賞受賞

平成12年

平成12年度アイヌ工芸作品コンテスト 優秀賞受賞

平成13年

平成13年度アイヌ工芸作品コンテスト 入選

平成14年

平成14年度アイヌ工芸作品コンテスト 優秀賞受賞

平成15年

財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構から伝統工芸家として表彰

平成20年

財団法人伝統的工芸品産業振興協会から旭川木彫の部で伝統的工芸品産業功労者として表彰

その他、多数受賞