財団について

平成23年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  石井 由治(66歳)


北海道札幌市在住
氏は、アイヌ民族の伝統を踏まえ、ムックリやオリジナル楽器のポンコリ、ヘニュードの創案・製作・演奏を国内外で精力的に続けてこられ、アイヌ民族音楽の今日的な展開に大きく貢献する。
また、講演活動も数多く行い、アイヌ民族の考え方や生き方の重要性を誠実に訴えるとともに、ユーモアと機知に富んだ語り口によるアイヌ文化の紹介は、わかりやすいと好評を得ている。
現在、アイヌ文化活動アドバイザーとしてアイヌ文化の振興並びに普及啓発に尽力されている。

略歴

昭和20年 北海道勇払郡穂別村字豊田に生まれる
昭和47年 社団法人北海道ウタリ協会(現「北海道アイヌ協会」)札幌支部に入会
昭和62年 ウルマ祭に出演(沖縄)
平成元年 札幌市内の小学校で行われた「アイヌ民族の学習会」に講師として参加
平成2年 「アイヌ民族に関する人権啓発写真パネル展」を国内外29か所で開催
平成5年 世界先住民族二風谷フォーラムに出演(平取町二風谷)
平成8年 カレン族との交流に参加(タイ・チェンマイ)
平成9年 アジア太平洋先住民族会議に出演参加(横浜)
平成15年 札幌市アイヌ文化交流センターに勤務(平成21年まで)
平成16年 先住民族アボリジニとの交流に参加(オーストラリア・メルボルン大学)
平成21年 全道ムックリ大会で優勝(社団法人北海道アイヌ協会札幌支部主催)