財団について

平成23年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  小川 早苗(71歳)


北海道札幌市在住
氏は、エテケカンパの会会長、アイヌ文化伝承の会手づくりウタラ主宰として、アイヌ文化の伝承活動に尽力してこられた。特に、アイヌ文様や刺繍の作品展を国内外で精力的に開催し、伝統工芸品の復元、展示公開をとおして、アイヌ文化の伝承・保存並びにその振興に寄与した功績は大きい。
また、北海道アイヌ伝統工芸展において氏の作品は高く評価され、これまでに多くの賞を受賞する。
現在、後進の指導育成とアイヌ文化の普及啓発に積極的に取り組まれている。

略歴

昭和15年 北海道三石町に生まれる
昭和56年 アイヌ文化伝承の会 手づくりウタラを設立
昭和58年 手づくりウタラ姉妹店開催(札幌)
以降、平成元年に東京・大阪・京都・群馬、平成2年にアメリカ・カナダ、平成12年にはドイツなどでも開催
昭和59年 エテケカンパの会 アイヌの子供たちとともに学ぶ共に歩む会を設立
昭和60年 北海道アイヌ民芸品コンクール 伝統工芸部門 理事長賞受賞
昭和61年 北海道アイヌ民芸品コンクール 一般工芸部門 優秀賞受賞
平成17年 北海道アイヌ伝統工芸展 伝統工芸部門 最優秀賞受賞
平成19年 北海道アイヌ伝統工芸展 一般工芸部門 優秀賞受賞※ ※手づくりウタラでの受賞
平成20年 先住民の儀礼用衣服展開催(アメリカ・ポートランド)
平成22年 アイヌ民族模様展開催(道新ギャラリー)
コンテンポラリー・トラディション展出品協力(ニュージーランド・オタゴ博物館)


著作・執筆など

  • 平成8年 「アイヌ模様を曾祖母から継いで五代」(アイヌ文化伝承の会手づくりウタラ)
  • 平成17年 「アイヌ民族もんよう-きり絵の世界へ」監修(財団出版助成)
  • 平成21年 「伝承によるアイヌ民族の刺しゅう集」(財団出版助成)