財団について

平成23年度 アイヌ文化奨励賞(個人)  時田 志美子(83歳)


北海道白老郡白老町在住
氏は、広尾郡大樹村で生まれ、幼い頃から母親や近所のフチたちの踊りや歌を見聞し、アイヌの伝統文化の知識・技能を習得する。
昭和29年に白老村に移り住んだ後、白老の古式舞踊の伝承・普及活動に参加するとともに、北海道ウタリ協会(現「北海道アイヌ協会」)白老支部の活動をとおして、アイヌ文化の理解の促進にも努められた。
特に、同支部で行われてきた「しらおいチェプ祭」には積極的に参加し、アイヌ文化の伝承並びにその振興に多大な協力をされてきた。

略歴

昭和3年 北海道広尾郡大樹村大字歴舟村外地に生まれる
昭和27年 故時田菊蔵氏と結婚
昭和29年 白老郡白老村大字敷生村に夫と共に移り住む