財団について

平成24年度 アイヌ文化奨励賞  荒木 繁(71歳)


北海道札幌市在住
石狩アイヌの末裔として札幌に生まれた。15歳の頃より兄から木彫りを教わり、その後56年の長きにわたりアイヌ伝統工芸品の制作に携わり、その間数々の優れた作品を制作してきた。
アイヌ民族の伝統的な生活用具やオリジナルの作品まで幅広く手がけ、木の特徴や特性を生かした巧みな彫刻技術は内外から高い評価を得ている。
その豊富な知識や経験を生かし、アイヌ文化を一般市民に紹介し、普及活動に尽力するとともに、木材工芸の講師としての技術指導を通して、アイヌ子弟、後継者の育成にも力を注いでいる。

略歴

昭和30年 兄から木彫を教わり、以来、木彫工芸を続ける
昭和43年 兄弟で「あらき木彫製作所」を設立し、以来、現在までアイヌの木彫を職業とする
平成8年 北海道アイヌ伝統工芸展で最優秀賞を受賞
平成9年 北海道アイヌ伝統工芸展で北海道知事賞を受賞
平成11年 アイヌ文様木器コレクションの二人展開催
平成12年 北海道アイヌ伝統工芸展で審査員特別賞を受賞
平成14年 北海道アイヌ伝統工芸展で北海道議会議長賞を受賞
アイヌ工芸作品コンテストで優秀賞受賞
平成15年 機動職業訓練木材工芸科の講師に就任(平成16年まで)
平成16年 北海道アイヌ伝統工芸展で北海道議会議長賞を受賞


著作・執筆・取材協力

  • 「ネットワーク北海道」NHKテレビ
  • 「日本列島元気ですか」NHKテレビ
  • 「アイヌからのメッセージ2007-現在から未来へ-」平成19年度アイヌ工芸品展図録