財団について

平成24年度 アイヌ文化奨励賞  合田 クミ(78歳)


北海道新ひだか町静内在住
静内民族保存会に入会後、北海道内だけではなく、仙台、東京、大阪、京都、沖縄など様々な地域で開催される舞踊公演に出演し、アイヌ文化の普及啓発に取り組んでいる。
また、昭和51年より現在に至るまで北海道アイヌ協会新ひだか支部の理事を務めており、現在はシャクシャイン法要祭などの支部行事に積極的に参加し、静内民族文化保存会の指導者として後継者育成に取り組んでいる。

略歴

昭和50年 静内民族保存会に入会
昭和51年 北海道ウタリ協会(現「北海道アイヌ協会」)静内支部理事に就任
昭和53年 シャクシャイン法要祭・第1回北海道ウタリ協会芸能交流会に参加
昭和55年 第22回北海道・東北ブロック民俗芸能大会(仙台市で開催)に参加
昭和58年 第32回全国民俗芸能大会(東京都で開催)に参加
北海道の味覚と伝承芸能実演(東京都で開催)に参加
昭和63年 世界食の祭典「アイヌモシリ館イベント」に出演
平成5年 '93国際先住民年記念事業に参加
平成11年 静内民族文化保存会創立25周年記念アイヌ文化交流会に参加
北海道アイヌ協会からアイヌ文化活動の功績に対し表彰される
平成13年 静内文化連盟より保存会活動が認められ個人奨励賞を受賞
平成22年 武四郎まつり(松阪市で開催)に参加