財団について

平成25年度(第17回)アイヌ文化奨励賞(個人) 貝澤耕一(67歳)

北海道平取町在住

 

平取アイヌ文化保存会の事務局長として、舞踊、食文化、儀礼・儀式、工芸(木彫・織物・刺繍等)など民族の誇りであるアイヌ文化を将来に渡って保存伝承することが極めて重要であるとの使命感を抱き、責任者として力を注いでいる。

平成20年から事業が開始された沙流川流域イオル構想平取町推進協議会(現平取町アイヌ文化振興推進協議会)同イオルの森部会委員として、アイヌ集落の自然の再生、再現に関する事業の推進に寄与しており、今後もその活躍が強く期待されている。

 

略歴

平成05年 国際会議「二風谷フォーラム’93」で事務局長を務める

       平取アイヌ文化保存会会員として、東京、フィリピン、カナダでアイヌ古式舞踊を公演

平成06年 ナショナルトラスト運動「チコナイ」代表に就任

平成07年 平取アイヌ文化保存会事務局長に就任

平成11年 北海道ウタリ協会(現北海道アイヌ協会)平取支部の理事に就任

平成14年 NPO法人ナショナルトラスト・チコナイ理事長に就任

平成16年 北海道大学大学院、室蘭工業大学、酪農学園大学の非常勤講師を勤める

        世界社会環境学会(カナダ・バンクーバーで開催)でアイヌ民族について発表

平成20年 北海道アイヌ古式舞踊連合保存会副会長に就任

平成24年 21世紀・アイヌ文化伝承の森プロジェクト推進会議委員に就任