財団について

平成26年度 (第18回) アイヌ文化奨励賞 (個人) 貝澤貢男 (75歳)

 

北海道平取町在住

 

 

50年来にわたり、木彫を中心としたアイヌ木工芸に携わっており、小さな物は茶托から大きな物はチセ(家)にいたるまで、森の草本や樹木を利用した伝統的な工芸品などについて、材料の見立て、採取、加工、組み立てなど、全工程を熟知しており、特にチセを建てる伝統的な技術は名人の域に達している。

継承してきた技術・知識をもとに、地元で開催される工芸体験講座で講師を務めるほか、平成8年から平成17年まで、苫小牧技術高等専門学院の講師として職業訓練指導にあたるなど、地元のみならず他の地域においてもアイヌ文化への理解促進、普及啓発のために活動した功績は大きい。

 

略歴

昭和38年  映画「ユーカラの世界」に出演する(制作NHK)

昭和39年  故萱野茂氏の助手となり本格的に木彫を始める

昭和40年  第1回木彫り製作作品コンクール 理事長賞受賞

昭和50年  木彫りコンクール 知事賞受賞

平成6年  記録映画「シシリムカのほとりに」では主演兼技術指導者となる

平成8年  苫小牧技術高等専門学院の講師を務める(平成17年まで)

平成26年  JR札幌駅構内の西コンコースに設置のアイヌ文化モニュメント像「イクパスイ(捧酒箸)」を制作する