財団について

アイヌ文化普及啓発講演会

平成26年度 普及啓発講演会報告集

 アイヌ民族は、北海道、樺太(サハリン)、千島(クリル列島)に暮らし、固有の豊かな文化を育んできた日本の先住民族です。しかしながら、アイヌの伝統や文化についての国民的な理解は未だに十分とは言えない状況にあります。

 

 この普及啓発講演会事業は、全国各地の多くの方々を対象に、その地域内の社会的条件に照らし合わせながら、アイヌの伝統や文化の基礎的な内容をテーマとした講演会を開催し、これらに関する知識の普及啓発を図ろうとするものです。

 平成26年度は鹿児島市(6月28日)、福島市(8月23日)、北見市(11月8日)の3会場で開催し、講演会の講師をお願いいたしました各先生方には、たいへん貴重なお話を賜りました。この時の講演のお話について、より多くの方々に知っていただくために、この報告集を作成・刊行し、ホームページ上に公開いたしました。


 本書が北海道内外を問わず多くの人々に活用され、今後のアイヌ文化理解、さらには民族共生に資することとなれば幸いに存じます。

平成27年3月
公益財団法人アイヌ文化振興・研究堆進機構
理事長 中村 睦男


講義内容