財団について

平成29年度 (第21回) アイヌ文化奨励賞(個人) 大竹房子 (67歳)

北海道苫小牧市在住

 

 長年、苫小牧アイヌ協会の副婦人部長として、各種事業に積極的に参加や協力を行うなど活躍してきており、現在は事務局長を努めている

 また、苫小牧アイヌ文化保存会の設立にも尽力し、現在は事務局長を務めている。

 苫小牧アイヌ協会入会後は、長年、古式舞踊、アイヌ料理の指導等を協会委員のみならず、一般市民にも指導してきており、アイヌ文化の伝承・保存並びに振興に多大な貢献をしている。

 

略歴

平成  3年   北海道ウタリ協会苫小牧支部(現苫小牧アイヌ協会)入会

平成  7年   北海道ウタリ協会苫小牧支部婦人部副部長

平成13年   北海道ウタリ(アイヌ)協会苫小牧支部 事務局長

平成15年   アイヌ民俗文化財保存・伝承活動事業のアイヌ古式舞踊講座講師を務める(北海道教育委員会)(平成16年まで)

平成26年   アイヌ語初級講座(アイヌ文化財団)の講師助手を務める(平成28年度まで)