財団について

平成29年度 (第21回) アイヌ文化奨励賞(個人) 下河ヤエ (79歳)

北海道白老町在住

 

 昭和62年に白老アイヌ民族博物館に入社以来、平成11年に定年退職するまで13年にわたり、古式舞踊やムックリ演奏等を国内外で披露してきた。また、アイヌの儀式(イチャルパ)でのトノトや供物の作り方をアイヌ民族芸能保存会の若い会員にも指導するなど、後進の育成に努めてきた。

 定年退職後も、ボランティアとして博物館や、保存会において伝承活動を行うなど、アイヌ文化の伝承・保存に尽力し、

アイヌ文化の振興に貢献している。

 平成25年には、白老町指定無形民俗文化財「伝統文化継承者」に認定された。

 

略歴

昭和62年   (財)白老民族文化伝承保存財団入会

平成10年   アイヌ工芸作品コンテスト(アイヌ文化財団)優秀賞受賞

平成11年   (財)アイヌ民族博物館(現(一財)アイヌ民族博物館)退職(以後ボランティアとして現在に至る)

平成13年   北海道ウタリ協会コンテスト 奨励賞受賞

平成18年   白老生活モデル事業(コンチ・マエタレ)講師

平成23年   北海道ウタリ協会 表彰(アイヌ文化の伝承発展に貢献)

平成26年   アイヌ民族芸能伝承講座 講師

平成27年   白老生活モデル事業(半纏・タペストリー)講師

平成27年   アイヌ民族芸能保存会(歌・踊り)講師(平成28年まで)

平成28年   アイヌ工芸作品コンテスト(アイヌ文化財団)奨励賞受賞

平成29年   アイヌ民族芸能保存会(実践上級講座)講師