財団について

平成28年度 (第20回) アイヌ文化奨励賞(個人) 平村博 (63歳)

北海道日高郡新ひだか町在住

 

 氏は平成8年に(社)北海道ウタリ協会静内支部(現「新ひだかアイヌ協会」以下同)に入会して以来、アイヌ文化の伝承に力を注いできた。特に、アイヌ語の習得に熱心に取り組み、アイヌ語教室の講師を務めるとともに、儀式においても副祭司・祭司として、全道各地のイチャルパを始め伝統文化活動の普及、啓発に力を注いでいる。

 また、その経験と知識は現在も当協会においてシャクシャイン法要祭やイチャルパ等の運営には欠かせない存在であると同時に、北海道大学アイヌ納骨堂におけるイチャルパにおいても祭司を司り、後進の育成に尽力している。

 氏が蓄積してきたアイヌ文化・儀礼の知識は、静内地方の文化継承には欠かせないものであり、その豊富な知識と経験をもって道内各地域において儀式・儀礼の伝承に積極的に取り組みアイヌ文化の発展に貢献している。

 

略歴

平成  8年   (社)北海道ウタリ協会静内支部入会

平成  8年   シャクシャイン法要祭で副祭司を経て祭司として活動

平成  8年   日高管内各地、松前町で祭司として活動、また北海道大学アイヌ納骨堂におけるイチャルパで副祭司を経て祭司として活動

平成  9年   静内民族文化保存会副会長として活動

平成15年   新ひだか支部「アイヌ語教室」の講師として活動

平成24年   アイヌ文化活動アドバイザーとして活動

平成25年   イナウ製作講座 講師

平成27年   (公社)北海道アイヌ協会総会表彰

平成27年   新ひだかアイヌ協会副会長に就任