財団について

平成27年度 (第19回) アイヌ文化奨励賞 (個人) 今井ノリ子 (72歳)

 

静岡県伊豆の国市在住

 


 

北海道在住時には、北海道ウタリ協会弟子屈支部(現「弟子屈アイヌ協会」)の一員として子育ての傍ら同支部の行事などに積極的に参加し活動を行っていた。

 この間、母親から刺繍等を習い、本州へ移り住んでからも自分が吸収したものを子へ孫へと伝承するため、孫を伴ってアイヌ文化交流センターでの講座等へ参加し、アイヌ語や編み物、刺繍等を学び続けている。

また、国内だけに留まらず国際口琴大会へ参加するなど長年にわたりアイヌ文化の伝承・普及に尽力している。

 

略歴

昭和39年  母親よりマタンプシ・チジリアミップ等を母親より習う

昭和48年  二風谷にて貝沢薫夫妻よりカイカ・アツシ織を習う

昭和51年  キナ採取と保存方法を母より学ぶ

昭和59年  アイヌ・ウイルタ・ニブヒの文化交流でサハリンへ渡航

平成元年  旭川文化伝承大会に弟子屈支部会員として親子で参加

平成 3年  第2回国際口琴大会(ヤクーツクで開催)参加

平成 4年  アラスカ州大学日本語学科学生との文化交流に参加

平成14年  第4回国際口琴大会(ノルウェーで開催)参加

平成18年  第5回国際口琴大会(オランダで開催)参加

平成20年  日本東京国際口琴大会に孫と参加

平成24年  第16回アイヌ語弁論大会(弁論の部)優秀賞受賞

平成25年  第7回国際口琴大会(ドイツで開催)参加

平成26年  第18回アイヌ語弁論大会(弁論の部)最優秀賞受賞