財団について

幼児向け絵本

平成22年度(第10回)
アイヌの伝統・文化を題材にした絵本の原作募集選考結果

 平成22年度の「幼児向け絵本」原作募集は平成20年5月から同年9月まで行われ、短い期間ながら17作品が寄せられました。応募者は全国6都道府県より、20代の学生から60代の方々で、幅広い世代からご応募をいただきました。応募いただいた作品は6名の選考委員の皆様に厳正に審査していただき、その結果、最優秀賞1作品、入選2作品、奨励賞5作品が選出されました。
 最優秀賞に選ばれた原作『チク チェプ』(埼玉県・辻角 元)を補作して、平成22年度の幼児向け絵本『チュ チェ』にしました。
  • 選考結果(敬称略)
    【最優秀賞】
    「チュク チェプ」 辻角 元(埼玉県)
     
    【入選】
    「トワトワト―キツネがうたったカムイユカ 貝瀬美穂(福島県)
    「ススペチッチッ ススペランラン」 廣田晴彦(東京都)
     
    【奨励賞】
    「パナンペ ペナンペとくじら」 絵:原内 覚(札幌市)
    再話:安藤百合子
    石部真貴子
    千田幸子
    千葉生美
    原内理恵
    「タノハフレフレ(この砂の赤い赤い)
    小オキキリムイが自らうたった謡」
    工藤佐和子(愛知県)
    「シルキー―ぼくらの模様」 椎谷朋郁(札幌市)
    「イオマンテ「くまおくり」」 やすだこまめ(札幌市)
    「貧乏アイヌとユカラ」 斉藤保雄(東京都)
  • 選考委員(敬称略)
    加 藤  忠 (社団法人北海道アイヌ協会理事長)
    横 山 むつみ (知里森舎代表)
    萱 野 志 朗 (萱野茂・二風谷アイヌ資料館館長)
    内 田 祐 一 (帯広百年記念館学芸員)
    高 橋 正 行 (札幌市立らいらっく幼稚園長)
    杉 浦 篤 子 (藤女子大学人間生活学部教授)

主催/財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構
後援/国土交通省、文化庁、北海道、北海道教育委員会、社団法人北海道アイヌ協会