財団について

幼児向け絵本

平成13年度(第1回)
アイヌの伝統・文化を題材にした絵本の原作募集選考結果

 アイヌの伝統などを内容とした幼児向け絵本の原作を募集して、優れた作品を表彰するとともに、その作品を絵本にして北海道内の保育園・幼稚園等に配布し、アイヌの歴史や文化について知識の啓発をはかろうとすることを目的に、本年度より「親と子のための普及啓発事業」がはじまりました。
 原作の募集は平成13年5月から同年8月末まで行われ、短い期間ながら21作品が寄せられました。応募者は全国8都道府県の26人にのぼり、10代の専門学校生から60代の方まで幅広い世代からご応募をいただきました。応募いただいた作品は6名の選考委員の皆様に厳正に審査していただき、その結果、最優秀賞1作品、入選2作品、奨励賞7作品が選出されました。
 最優秀賞に選ばれた原作「カラスとカケスの物語」(北海道・四宅智子、兵庫県・井上千靖、大阪府・田中真利子)を改稿・補作して、平成13年度の幼児向け絵本『カラスとカケスの物語』が完成しました。
  • 選考結果(敬称略)
    【最優秀賞】
    「カラスとカケスの物語」 四 宅 智 子(北海道)
    井 上 千 靖(兵庫県)
     
    【入選】
    「コタンのこどもたち」 佐 藤 正 人(北海道)
    「真夜中のおくりもの」 鈴 木 隆 一(北海道)
     
    【奨励賞】
    「キムンカムイに助けられたヘカチ 他2編」 多 原 香 里(北海道)
    「イフンケ―アイヌのこもりうた―」 成 田 英 敏(埼玉県)
    「くまのかみの子もりうた」 熊 谷 カ ネ(北海道)
    小 松 和 弘(北海道)
    「オキキリムイの子のてがらばなし」 椎 谷 朋 郁(北海道)
    「銀のちいさな弓」 北 道 邦 彦(北海道)
    田 中 幸 子(神奈川県)
    「アイヌご の かぞえうた」 長 根 亜 希(北海道)
    「土の中のクナウ」 大 原 みづほ(東京都)
  • 選考委員(敬称略)
    阿 部 一 司 (社団法人北海道ウタリ協会理事)
    中 本 ムツ子 (財団法人アイヌ無形文化伝承保存会理事)
    志 賀 雪 湖 (千葉大学非常勤講師)
    松 浦 映 子 (札幌市立手稲中央幼稚園長)
    永 田 園 子 (札幌市菊水乳児保育園長)
    青 柳 規 子 (十勝子どもの本連絡会代表)

主催/財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構
後援/国土交通省、文化庁、北海道、北海道教育委員会、社団法人北海道ウタリ協会