アイヌ文化交流センター

"キロロアン" 平成14年度11月

タイトル

アイヌ文化を語る-3- ~アイヌの過去・現在・未来~

講師

秋辺 日出男 氏
(北海道ウタリ協会阿寒支部支部長、阿寒町在住)
1960年阿寒町生まれ。阿寒湖畔のアイヌコタンで育ち、10代からアイヌ古式舞踊に取り組み、現在は民芸店を経営しながら、彫刻作品を作っている。
一方、アイヌの叙事詩ユーカラを劇にした「ユーカラ座」にも参加、豊岡征則氏の率いるアイヌ詞曲舞踊団「モシリ」にもダンサー・ボーカリストとして参加し、伝統を踏まえた新しいアイヌ文化の創造にも取り組んでいる。10月に東京で行われたアイヌ文化フエステイバルで行われたモシリの公演にも出演。
また、カナダやブラジルなどを訪問し、海外の先住民族とも交流を深めている。

概要

今回は、次世代のアイヌとして大変積極的に活動されている秋辺日出男(あきべひでお)さんを講師にお迎えし、これまでのアイヌとしての道のりや活動、自分にとっての「アイヌ」・「アイヌ文化」、そしてその未来について、ざっくばらんにお話をしていただきます。 ※今回は、ビデオ上映はありません。

日時

平成14年11月16日(土)15:00~16:30
※今回は、土曜日の午後に開催します。

場所・お問合せ先

アイヌ文化交流センター
東京都中央区八重洲2-4-13 アーバンスクエア八重洲3階[地図
TEL:03-3245-9831 FAX:03-3510-2155

参加費

無料

定員

30名程度(申込不要:満員の場合はご容赦ください)

主催

財団法人 アイヌ文化振興・研究推進機構


「キロロアン」の開催日はセンターの開館時間(通常18時まで)を延長いたしますので、19時に講座が開始するまでの間、通常どおり図書や展示資料等をご覧いただけます。