アイヌ文化交流センター

"キロロアン" 平成20年度5月

タイトル

アイヌの人たちによって松浦武四郎は偉人となった

講師

高瀬 英雄 氏
(松浦武四郎記念館長)

松浦武四郎はアイヌ民族の助けによって蝦夷地を踏査し、北海道の名付け親と賞賛されています。今年3月松浦武四郎の記録は重要なアイヌ民族研究資料として国重要無形文化財に指定されました。今回は高瀬氏がアイヌ民族の友人達から学んだことなども交えながら武四郎とアイヌの関わりなどをお話しいただきます。

日時

平成20年5月16日(金)19:00~20:30

場所・お問合せ先

アイヌ文化交流センター
東京都中央区八重洲2-4-13 アーバンスクエア八重洲3階[地図
TEL:03-3245-9831 FAX:03-3510-2155
E-mail:acc-tokyo@frpac.or.jp

参加費

無料

定員

40名程度(申込不要:満員の場合はご容赦ください)

主催

財団法人 アイヌ文化振興・研究推進機構


「キロロアン」の開催日はセンターの開館時間(通常18時まで)を延長いたしますので、19時に講座が開始するまでの間、通常どおり図書や展示資料等をご覧いただけます。