アイヌ文化交流センター

"キロロアン" 平成24年度8月

タイトル

連続講座 イナウとは何か(前編) ~本州の“削りかけ”習俗との関連と併せて~

講師

北原 次郎太 氏
(北海道大学 アイヌ・先住民研究センター 准教授)

「イナウ」は、人間(アイヌ)が神(カムイ)に思いを伝えるには欠かせない、いわばカムイと共存共栄していくための必須アイテムのひとつだと考えられてきました。
【キロロアン】では、アイヌ民族にとって最重要の儀礼具であるこの「イナウ」を2か月連続でとりあげ、その機能や役割等を学ぶとともに、本州の「削りかけ」習俗との関連性についても、併せて考えていきます。

日時

平成24年8月17日(金)19:00~20:30

場所・お問合せ先

アイヌ文化交流センター 大会議室
東京都中央区八重洲2-4-13 アーバンスクエア八重洲3階[地図
TEL:03-3245-9831 FAX:03-3510-2155
E-mail:acc-tokyo@frpac.or.jp

参加費

無料

定員

40名程度(申込不要:満員の場合はご容赦ください)

主催

財団法人 アイヌ文化振興・研究推進機構


「キロロアン」の開催日はセンターの開館時間(通常18時まで)を延長いたしますので、19時に講座が開始するまでの間、通常どおり図書や展示資料等をご覧いただけます。