アイヌ文化交流センター

"キロロアン" 平成25年度9月

タイトル

「アイヌ民族とエゾシカ管理ーイメージからの脱却に向けてー」

講師

山 崎 幸 治 氏

(北海道大学アイヌ・先住民研究センター准教授)
 
  北海道でシカ猟が解禁となるこの時期は、増え続けるエゾシカと人間との将来的な共存共栄のあり方などが話題になりやすい季節でもあります。「自然と共生するアイヌなら、解決できる知恵を必ず持っているはずでは」という意見をよく耳にするのもこの時期です。しかし、アイヌ民族とシカとの関わりを語るには、明治期の雪害によるシカの激減、「北海道鹿猟規則」など歴史的経緯を軽視せずに正しく理解しなければ、「いま」や「これから」を考えていくことはできません。漠然としたイメージから脱却し、民族がたどった歴史をふまえて未来を考えるための90分です。

日時

平成25年9月20日(金)19:00~20:30

場所・お問合せ先

アイヌ文化交流センター 大会議室
東京都中央区八重洲2-4-13 アーバンスクエア八重洲3階[地図
TEL:03-3245-9831 FAX:03-3510-2155
E-mail:acc-tokyo@frpac.or.jp

参加費

無料

定員

40名程度(申込不要:満員の場合はご容赦ください)

主催

公益財団法人 アイヌ文化振興・研究推進機構


「キロロアン」の開催日はセンターの開館時間(通常18時まで)を延長いたしますので、19時に講座が開始するまでの間、通常どおり図書や展示資料等をご覧いただけます。