アイヌ文化交流センター

"キロロアン" 平成29年 8月

タイトル

「受け継がれていくアイヌの心」

講 師

酒井 真由美 氏 (帯広カムイトウウポポ保存会)

   

 国の重要無形民俗文化財に指定され、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている「アイヌ古式舞踊」の保持団体のひとつ、帯広カムイトウウポポ保存会は、昭和39年に設立されてから現在までの50年あまりにわたって、アイヌの歌や踊りを継承する団体・グループの先駆者的な存在として、活発に活動を続けてきました。その活動を受け継ぐ若手としての思いや現在の保存会の活動などをお話しいただきます。 

 

                                               

日 時 平成29年8月18日(金)19:00〜20:30


会場:アイヌ文化交流センター 大会議室

 

東京都中央区八重洲2-4-13 ユニゾ八重洲二丁目ビル3階)[地図

                    ※ビル名称が変更されましたが、所在地は変わりません
TEL:03-3245-9831 FAX:03-3510-2155
E-mail:acc-tokyo@frpac.or.jp

参加費

無 料

定員

40名程度(申込不要:満員の場合はご容赦ください)

主催

公益財団法人 アイヌ文化振興・研究推進機構

 

キロロアンリーフレット

平成29年8月キロロアン.pdf


「キロロアン」の開催日はセンターの開館時間(通常18時まで)を延長いたしますので、19時に講座が開始するまでの間、通常どおり図書や展示資料等をご覧いただけます。