アイヌ文化交流センター

アイヌ文化公開講座”キロロアン”

センターでは毎月第3金曜日の19時から20時30分まで、一般の方々向けの公開講座「キロロアン」を開催しています。 「キロロアン」とは、楽しい・うれしい、という意味のアイヌ語です。アイヌ民族の歴史や文化に関するさまざまな分野をとりあげ、毎月、多彩な講師をお迎えして実施しています。

"キロロアン" 平成29年 12月

タイトル

新たな木彫工芸品の試み

講 師

講師:貝澤 徹 氏(アイヌ工芸作家 北海道平取町在住)

   

講師の貝澤さんは、アイヌ民族の伝統的な木彫技術を生かしながら、新しい工芸作品を、数多く発表してきました。来年10月には大英博物館に新たな木彫り装飾を出品する予定もあります。さまざまなかたちで表現された芸術性の高い作品を日々、木と向き合いながら創作を続ける貝澤さんから自分らしい作品づくりと最近の活動についてお話を伺います。また、マキリ(小刀)を製作している映像を解説付きでご覧いただく予定です。 

 

                                               

日 時 平成29年12月15日(金)19:00〜20:30


会場:アイヌ文化交流センター 大会議室

 

東京都中央区八重洲2-4-13 ユニゾ八重洲二丁目ビル3階)[地図

                    ※ビル名称が変更されましたが、所在地は変わりません
TEL:03-3245-9831 FAX:03-3510-2155
E-mail:acc-tokyo@frpac.or.jp

参加費

無 料

定員

40名程度(申込不要:満員の場合はご容赦ください)

主催

公益財団法人 アイヌ文化振興・研究推進機構

 

キロロアンリーフレット

平成29年12月キロロアン.pdf


「キロロアン」の開催日はセンターの開館時間(通常18時まで)を延長いたしますので、19時に講座が開始するまでの間、通常どおり図書や展示資料等をご覧いただけます。