アイヌ文化フェスティバル
2014年9月27日(土)にアイヌ文化フェスティバル2014(札幌会場)を開催します。
ご来場の皆様に先着でアイヌ伝統楽器「ムックリ」をプレゼントします。
ぜひ会場にお越しください。
ムックリ
ステージの部
13:00~ 開催挨拶 アイヌ文化賞贈呈式
13:40~ 休憩
13:50~ 口承文芸
山道 ヒビキ(平成25年アイヌ語弁論大会 口承文芸部門 優秀賞受賞者)
14:00~ 伝統楽器(トンコリ)演奏
千葉 伸彦(音楽家)
14:30~ アイヌ古式舞踊(国指定重要無形民俗文化財)
平取アイヌ文化保存会
 
山道ヒビキ
口承文芸
山道 ヒビキ(平成25年アイヌ語弁論大会 口承文芸部門 優秀賞受賞者)
平取町出身。幼少期よりアイヌ古式舞踊に携わっており、国内外で舞踊公演を行うなど、アイヌ文化の伝承に精力的に取り組んでいる。現在、アイヌ民族博物館で「伝承者(担い手)育成事業 第三期」のアシスタントティーチャーを担当する他、アイヌ文化活動アドバイザー、アイヌ語初級講座(入門講座)講師としても活動している。
千葉伸彦
伝統楽器(トンコリ)演奏
千葉 伸彦(音楽家)
神奈川県出身。音楽家。高校時代から湘南出身のミュージシャンとして活動。北海道演奏旅行中にアイヌ音楽に出会い、90年以降各地の伝承者を訪ね、歌唱などを習得。96年、アイヌ歌唱の音階に関する論文をはじめ、トンコリ演奏法を解明する論文等を発表。現在は研究活動の他、アイヌ音楽伝承者へのインストラクターやアイヌ民族公演のゲストとして招聘されるなどして演奏活動を行っている。
平取アイヌ文化保存会
アイヌ古式舞踊(国指定重要無形民俗文化財)
平取アイヌ文化保存会
アイヌの精神文化・物質文化を単なる記録としてではなく、できるだけ生活の中で生きたものとして保存・伝承することを目的に、1983(昭和58)年に結成された。以来、国指定重要無形民俗文化財で世界無形文化遺産に記載されている「アイヌ古式舞踊」をはじめ、衣・食・住や儀礼など、さまざまな分野にわたって幅広く文化伝承活動を続けている。また、諸外国の先住民族との国際交流にも力を入れるなど、世界へ向けたアイヌ伝統文化の紹介にも多大な貢献をしている。
ホワイエの部
ホワイエの部
会場のご案内
     
共済ホール(札幌市中央区北4条西1丁目 共済ビル6階)
主催:公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構
後援:国土交通省、北海道教育委員会、札幌市、札幌市教育委員会、公益社団法人北海道アイヌ協会
文化庁・北海道補助事業
問い合わせ