アイヌ文化フェスティバル
イベント詳細
13:00~13:10 開演・ご挨拶
13:15~14:15 基調講演 篠田 謙一 DNAで知る日本列島集団の起源ーアイヌ・本土日本・琉球人の成立ー
14:15~14:30 休憩
14:30~16:00 伝統音楽演奏・アイヌ古式舞踊(阿寒アイヌ民族文化保存会)

講演:国立科学博物館 人類研究部長 篠田 謙一
静岡県生まれ。京都大学理学部卒業、博士(医学)。産業医科大学助手、佐賀医科大学助教授を経て、現在、国立科学博物館人類研究部長。専門はDNA人類学。
日本とその周辺地域で発掘調査を行い、古人骨に残るDNAを分析して、日本人の起源と成立に関する研究を行っている。また南米アンデス地域での発掘調査を通じて、文化の変容と集団の遺伝的な変化の関係についての解析を進めている。
著書には『日本人になった祖先たち-DNAから解明するその多元的構造』(NHKブックス、2007)、『最新版 日本人の起源-最初の日本人から邪馬台国の謎まで-』(ニュートンプレス、2009)がある。
また学術論文には「DNAが語る「日本人への旅」の複眼的視点」(『科学』80巻4号、2010)、Population history of the Moquegua valley, far south coast of Peru. In. Human Variation in the Americans(Southern Illinois University Press)などがある。

伝統音楽演奏・アイヌ古式舞踊(国指定重要無形民俗文化財) 阿寒アイヌ民族文化保存会
1968年に結成し、舞踊部門、アイヌ語部門、ユカラ部門の三部門で活動し、アイヌ文化の保存と後継者育成を目的としている。また、その活動範囲は国内にとどまらず、アイヌの口承文芸である「ユカラ」を劇として創作し、ユネスコ・パリ日本文化祭で公演するなど、海外でもその評価は高い。アイヌ文化を世界に発信し、アイヌ文化の振興・普及に寄与している。

木彫実演 水野 練平 公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構認定 伝統工芸家
刺繍実演 貝澤 靖枝 公益社団法人北海道アイヌ協会認定 優秀工芸師、アイヌ文化活動アドバイザー

その他

アイヌ文化紹介パネル展示コーナー、アイヌ文化紹介DVD映写コーナー、財団情報コーナー(冊子無料配布)、アイヌ工芸品展示
イベント概要
開催日程

2014年11月8日(土) 13:00~16:00

【開場】12:00 / 【開演】13:00
会場 北見芸術文化ホール
北見市泉町1丁目3-22
会場へのアクセス
JR利用の場合 石北線(特急オホーツク他)北見駅下車 → 徒歩3分
飛行機利用の場合 女満別空港(東京・新千歳・関空ほか直行便あり)から
バス(女満別空港線) → 北見バスターミナル下車(所要42分)
→ 徒歩4分
都市間バス利用の場合  札幌・旭川・釧路から直通バス  
→ 北見バスターミナル下車 → 徒歩4分
バス(市内線)利用の場合 バス停「大通」下車 → 徒歩4分
バス(郊外線)利用の場合 北見バスターミナル(終点) → 徒歩4分

お問い合わせ
公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構
〒060-0001 札幌市中央区北1条西7丁目プレスト1・7 5階  TEL.011-271-4171 FAX.011-271-4181
■主催/公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構
■後援/国土交通省、北海道教育委員会、北見市、北見市教育委員会、公益社団法人北海道アイヌ協会