アイヌの工芸
2014年8月23日(土)にアイヌ文化フェスティバル2014(福島会場)を開催します。
ご来場の皆様に先着でアイヌ伝統楽器「ムックリ」をプレゼントします。
ぜひ会場にお越しください。
ムックリ
イベント概要
基調講演 落合 研一(北海道大学アイヌ・先住民族研究センター准教授)
音楽公演
【伝統楽器(トンコリ)演奏】
居壁 太
アイヌ古式舞踊公演
(国指定重要無形民俗文化財)
白老民族芸能保存会
木彫実演コーナー 星野 工(工芸作家)
刺繍実演コーナー 間宮 喜代子(北海道アイヌ協会認定優秀工芸師)
ステージの部
13:00~ 開演挨拶
13:15~ 講 演 「アイヌ民族の過去と現在」
落合 研一(北海道大学アイヌ・先住民族研究センター准教授)
14:15~ 休憩
14:30~ 伝統楽器演奏
■トンコリ演奏
居壁 太
15:00~ アイヌ古式舞踊(国指定重要無形民俗文化財)
白老民族芸能保存会
落合研一
講 演 「アイヌ民族の過去と現在」
落合 研一

(北海道大学アイヌ・先住民族研究センター准教授)
専門は憲法学(先住民族政策・先住民族の権利等)。2011年2月より北海道大学アイヌ・先住民研究センター助教授,2014年4月より現職。平等原則や民主主義を採用している日本国憲法のもとにおけるアイヌ政策の可能性について研究している。
白老民族芸能保存会
アイヌ古式舞踊(国指定重要無形民俗文化財)
白老民族芸能保存会
1970年、白老を中心とした地域に伝わるアイヌの無形文化を伝承・保存することを目的に結成。国内における数多くの公演を通じて、国民へのアイヌ文化の啓蒙に多大な貢献をするとともに、イギリス、フィンランドなどヨーロッパ各国においても公演しており、アイヌ伝統文化を世界に向けて発信している。なお、1984年には国の重要無形民俗文化財保護団体に指定されている。
居壁太
音楽公演【伝統楽器(トンコリ)演奏】
居壁 太
1957年北海道浦河町生まれ。1971年に兄の星野工と共に上京。東京にあるアイヌ料理店「レラ・チセ」で働いていたときにトンコリ奏者OKIと出会い、アイヌの楽器トンコリやアイヌ文化に関心を持つ。その後、独学でトンコリの演奏法を学び、現在アイヌ文化活動アドバイザーとして活躍する傍ら、OKIと共に国内外で演奏活動を行うなど、トンコリを通じてアイヌ文化の伝承、保存及び普及啓発活動を行っている。
ホワイエの部
木彫実演コーナー 星野 工(工芸作家)
刺繍実演コーナー 間宮 喜代子(北海道アイヌ協会認定優秀工芸師)
その他 アイヌ文化紹介パネル展示コーナー
アイヌ工芸品展示コーナー
財団情報コーナー(冊子無料配布)
アイヌ文化紹介DVD映写コーナー
会場のご案内
福島県文化センター大ホール(福島県福島市春日町5-54)
会場へのアクセス
市内バス 福島駅東口バス乗り場(9番)より市内循環バス(1・2コース)に乗車、<
『桜の聖母短期大学』停留所下車。徒歩5分。(運賃100円、本数は1時間に6~0本、乗車時間15分程度)
高速道から 飯坂インターチェンジから国道13号線で福島市街地に向かい信夫山トンネルを出て、2つ目の信号を左折、
7つ目の信号を左折してつきあたり。(距離5.5km 所要時間約10分)
※福島西インターチェンジから国道115号線で福島市街地に向かい、国道4号線を左折して仙台方面に北上、
旭町交差点を左折して3つ目の信号を右折してつきあたり。(距離8km 所要時間約20分)
駐車場 ※約450台 ※福島県文化センターの駐車場は開催される行事によっては満車となり、駐車できない場合もあります。
※おもいやり駐車場(7台分)を文化センター正面に用意しております。公共交通機関をご利用いただくなど混雑緩和にご協力をお願い申し上げます。(大ホールや小ホールのほか、展示室や会議室などを同時に使用していることも多く、満車となり駐車できない場合があります。)
主催:公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構
後援:国土交通省、北海道教育委員会、公益社団法人北海道アイヌ協会、福島県、福島県教育委員会、福島市、福島市教育委員会
文化庁・北海道補助事業
問い合わせ