木もまたカムイ(神)とするアイヌ(人間)。古来、儀礼具から生活用具や衣装まで、様々なものを木を用いてつくり、くらしの中で木を使う技と世界観を受け継いできました。
本展では、技と心の伝承に焦点をあて、アットゥシやイタなど、道内はもとより全国から選りすぐったアイヌの木の造形447点を紹介します
圧巻なのは、177点が一堂に展覧されるイクパスイ。先端にお神酒をつけ、神や先祖にお神酒を捧げるときに用いる儀礼具で、祈り言葉を補完してくれるといいます。
その表面には多彩な彫刻が施され、真摯な祈りに根ざしたアイヌのゆたかな造形力が現れています。
北海道観光ブームのもとで人気を博した熊の木彫りやアイヌをモティーフとするお土産品の数々、さらに現代作家による優れた木の彫刻や工芸作品も展覧します。
関連事業
イベント概要
日時 11/19(木)~1/24(日)
休館日 休館日:月曜(ただし11月23日、1月11日は祝日開館)11月24日(火)、 年末年始(12/29-1/3)、1月12日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料 一般820(600)円 高大生510(400)円 小中生300(200)円
※( )内は前売り、10名以上の団体料金、リピーター割引、 旭川リンクリンクミュージアムによる割引料金。 障害者手帳をお持ちの方等は無料。
会場 北海道立旭川美術館
駐車場 常磐公園駐車場(市営/無料/午前9時~午後5時)をご利用いただけますが、台数に限りがあります。ご了承ください。
場所 旭川市常磐公園内
マップ
会場へのアクセス
JR旭川駅から徒歩でお越しの場合 JR旭川駅から20分
バスをご利用の場合 JR旭川駅前の西武A館北側の14 番バス停〔1条8丁目〕から3・13・23・24・31・33・35 番のバスに乗車。
最寄のバス停は〔4条4丁目〕(3・31・33・35 番)、徒歩5分。または〔8条西1丁目〕(13・23・24 番)、
徒歩3分。またバス停〔常磐公園前〕を経由するバスもご利用いただけます。(徒歩7分)
タクシーをご利用の場合 JR旭川駅から約10分
主催:公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構/北海道立旭川美術館/北海道新聞社
後援:国土交通省/公益社団法人北海道アイヌ協会
出品協力:一般財団法人アイヌ民族博物館/網走市立郷土博物館/川村カ子トアイヌ記念館
釧路市立博物館/国立民族学博物館/市立函館博物館/新ひだか町博物館
天理大学附属天理参考館/東京国立博物館/苫小牧市美術博物館/函館市北方民族資料館
平取町立二風谷アイヌ文化博物館/北海道大学植物園/北海道博物館
北海道立北方民族博物館/貝澤徹氏/山﨑幸政氏/渡辺裕司氏
文化庁・北海道補助事業
問い合わせ