アイヌの工芸
展覧会概要
 アイヌの人たちが制作した工芸品は、素朴で機能的なものが多く、 自然とともに育まれた独自の文化性を持っています。
 現在、アイヌの工芸品や民具のコレクションは、北海道のみならず国内外の多くの博物館に収蔵されており、収蔵された経緯も実にさまざまです。
 本展覧会では、東北地方で収蔵されているアイヌの工芸品や民具を中心に展示・公開し、収蔵経緯とあわせてご紹介することで、アイヌコレクションが現在まで受け継がれてきた過程にも着目します。
 なお今回は、福島県と北海道(蝦夷地)やサハリン(樺太、江戸時代は唐太とも表記)を結ぶ資料も出品します。江戸時代、会津藩が唐太に出兵した時のようすを描いた絵巻。同藩が幕府の方針に沿って蝦夷地を分領支配した際の一コマを描いた屏風。こうした絵画資料の中にはアイヌの人々の描写も見られ、貴重な情報が含まれています。
 会期中さまざまなイベントも予定しています。この機会に、ぜひアイヌの文化を身近に感じてください。
絵巻
アイヌ衣服など
出品協力 松前町教育委員会、松前城資料館、市立函館博物館、函館市北方民族資料館、函館市中央図書館、青森市教育委員会、
青森県立郷土館、三戸町立歴史民俗資料館、東北大学大学院文学研究科、西厳寺(新潟県新潟市)、興國寺(福島県伊達市)、
会津若松市立会津図書館、初瀬川昂氏、渡部認氏、東京国立博物館
イベント詳細
オープニングセレモニー
日時 7月19日(土) 9:40 ~ 10:20(予定)
場所 当館エントランスホールほか
野本久栄さん(祭司)・野本敏江さん(北海道千歳市在住伝承者)
*開幕日(7月19日)に限り、企画展示室への入室はセレモニー終了後になります
ギャラリートーク
日時 ① 7月19日(土)  10:30 ~ 11:30
② 9月15日(月・祝)  14:30 ~ 15:30
場所 当館企画展示室
講師 ① 小野哲也さん(標津町教育委員会学芸員)、本展企画委員
② 福島県立博物館学芸員
実演「アツトウシ織」
日時 7月20日(日) 10:00 ~ 15:30(途中休憩時間があります)
場所 当館企画展示室
講師 二風谷民芸組合
アイヌ文様を刺繍しよう
日時 7月20日(日)
〔午前の部〕 10:00 ~ 12:00   〔午後の部〕 13:30 ~ 15:30
場所 当館実習室
講師 二風谷民芸組合
作って鳴らそう!アイヌの楽器・ムックリ
日時 8月17日(日)
〔午前の部〕 10:30 ~ 12:00   〔午後の部〕 13:30 ~ 15:00
場所 当館実習室
講師 二風谷民芸組合
映像とお話「アイヌとヒグマ」
日時 9月6日(土) 13:30 ~ 15:30
場所 当館実習室
講師 田村将人さん(札幌大学特任准教授)
葛西真輔さん(公益財団法人知床財団保護管理研究係主任)
開館情報
開館時間 9:30~17:00(16:30までに入館)
※開幕日(7/19)に限り、企画展示室への入室はオープニングセレモニー終了後(10:20頃)になります
休館日 月曜日(ただし7/21、8/11、9/15は開館)、7/22(火)
会   場 福島県立博物館企画展示室
住   所 福島県立博物館
〒965-0807 会津若松市城東町1-25
電話番号 / FAX番号 TEL 0242-28-6000 / FAX 0242-28-5986
観覧料 一般・大学生300(210)円、高校生100(80)円、小・中学生80(50)円  ( )内は20名以上の団体料金
主   催 公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構 福島県立博物館
後   援 国土交通省  北海道教育委員会  公益社団法人北海道アイヌ協会
その他 会期中に一部展示替を行う場合があります