しっぽ沼

なぜなら、
ここには大きなイトウという
さかなが すんでいたからです。

「オレさまは このぬまの ぬしだ。
どうだ、大きくて りっぱな からだだろう。
でも おなかがペコペコなんだ。
このぬまにいる 小ざかなや 貝なんかを
オレさまが ぜんぶ たべちゃったから
もう たべるものが ないんだよ。
さいきんは、ここにちかづくものを
なんでも たべることにしている。
あ~ おなかが すいた~」