かわうそのものがたり

木のてっぺんには コタンコロカムイ(しまふくろう)がいて
にんげんのコタン(むら)に わるいことが おきないよう
いつも みまもっていました。