かわうそのものがたり

あるひ 1ぴきの おおきな かわうそが
からだを よじってはとび くねらせてはあるいて
コタンコロカムイ(しまふくろう)を からかうように
ちかづいてきました。